コード【6】(シックス)をピアノで弾く。C6を元に7コードとの関係も解説

悩んでる人
ピアノでC6ってどうやって弾けばいいの?
バリエーションや使い方も知りたい!
Noritoism

6コードは7コードのルールと同じで、6度を加えたものだよ。
6度は5度のすぐ隣だから、少し濁った響きが特徴だよ。

 

◆ コード【6】(シックス)の弾き方をピアノで
◆ 基本のもう2パターンと6コードの展開

この記事を書いたひと

こういった私が解説します。

コード【6】の弾き方をピアノで

C6

C6

6コードは不安定さ、不思議さ、楽観的といった特徴があります。
  • ”ド”がルート音
  • 長3度の”ミ”
  • 完全5度の”ソ”
  • 長6度の”ラ”

この4つで構成されるテトラッド(4和音)が、C6です。

右手は1, 2, 4, 5。左手は5, 3, 2, 1の指で弾きます。

復習しましょう

ルート音とは、コードのキーになる音です。ベース音ですね。
長3度とは、ルートから3度且つ、黒鍵盤含め間に3つ音を含むものをいいます。
ルートから半音で5個目(ルート含む)って覚え方がおすすめです。
短3度もあり、間に2つ、ルートから半音4個目です。)
完全5度とは、ルートから5度且つ、数え上げる際白鍵が連続した部分があることをいいます。
ルートから半音で8個目(ルート含む)って覚え方がおすすめです。

長6度とは、完全5度から2度且つ、黒鍵盤含め間に2つ音を含むものをいいます。

ルートからだと、6度且つ、半音で10個目(ルート含む)です。
10個目数えるの大変なので、完全5度からの方が分かりやすいですよ。

つまり、

  • ルート
  • ルートから半音で5つ目
  • ルートから半音で8つ目
  • ルートから半音で10つ目

この3つで構成されるテトラッド(4和音)であり、複雑さ、深み、若干の切ない響きを持つものが6コードです。

長3度を短3度にすると、Cm6になります。

基本のもう2パターンと6コードの展開

C6の展開

運指の詳細は、メジャー、マイナーの記事をご覧ください。
関連記事

悩んでる人 ピアノでCってどうやって弾けばいいの? バリエーションや使い方も知りたい! Noritoism Cは1番基本的な形! Cメジャーの特徴もここで理解しよう。   ◆ コード【[…]

関連記事

悩んでる人 ピアノでCmってどうやって弾けばいいの? バリエーションや使い方も知りたい! Noritoism mがつくだけで、Cとは大きく変わってくるよ。 メジャーとマイナーは明確に分けて覚えよう! […]

右手は1, 2, 4, 5。左手は5, 3, 2, 1の指を使って弾きます。

もう1つのパターンはこちらです。

C6の展開

右手左手共に1, 2, 3, 5の指を使って弾きます。

4つ全て弾かないことも頻繁にあります。
その時は、「6」というくらいなので、長6度だけは省略せず演奏します。
コード部分だけ省略しない!は、テトラッド全てに使えますよ。

次はC6の展開です。

6コードの展開

6コードの最大の特徴は、転換するコードがわかりやすいということです。

転換とは、ご紹介してきた「パターン」のことです。

まずはこちらをご覧いただき、お聴きください。

C6のカデンツ

7やM7でもご紹介してきたT, T, SD, Dです。1度、3度、4度、5度です。C6, Em6, F6, G6です。

もちろん、3度は6度に。4度は2度に。5度は7度にそれぞれ置き換えることができます。

転換のお話に戻りますね。

音符配列だけで見れば、

  • C6=Am7
  • Em6=C7
  • F6=Dm7
  • G6=Em7

です。つまり、この法則が成り立ちます。

Ⅰ6=Ⅵm7, Ⅰm6=Ⅵ7

ご紹介したコードを全部7コードに変換すると、Am7onC, C7onE, Dm7onF, Em7onG

Amをキーとした場合、ベース音(onコード)だけピックアップすると、T, D, T, Dと、全く別物になります。響きに違和感を覚える正体の一つです。

6コードが不安定さ、不思議さ、楽観的といった特徴を持つ理由は、ここにあります。

トニック、サブドミナント、ドミナントの基本については、こちらの記事でご紹介しています。

関連記事

悩んでる人 ピアノのコードは覚えたんだけど、 実際にどうやって使ったらいいの? Noritoism 簡単なルールを覚えてしまえば、 あとは組み合わせだよ。   ◆ 平行調と同主調 ◆[…]

転換コードがわかりやすいのは、ルールが簡単だからです。(Ⅰ6=Ⅵm7, Ⅰm6=Ⅵ7)
不思議な響きになってしまうのは、ベース音がT, SD, Dから外れるものがあるからです。

ちょっとややこしいので、ぜひ繰り返しご覧ください。

まとめ

おさらいです。

◆ コード【6】(シックス)の弾き方をピアノで
◆ 基本のもう2パターンと6コードの展開
  • C6は、ド、ミ、ソ、ラで構成されている
  • 6コードは不安定さ、不思議さ、楽観的といった特徴
  • 長3度を短3度にすればCm6になる
  • 4つ全部弾かないこともある。長6度だけは省略しない
  • 転換の公式は簡単(1度と6度がセット、メジャー⇄マイナー)

C6のお話でした。

6コードの初めの記事ということもあり、特徴を全て記載しています。

他の6コードでもし混乱したら、是非ここに戻ってきましょう。転換を使いこなせば、6も7もセットでバッチリです。

 


6

C6 C#(D♭)6 D6 E♭6
E6 F6 F#(G♭)6 G6
A♭6 A6 B♭6 B6

C

Cm C7 CM7 C6
Csus4 Cadd9 Caug C-5
C9 Cm11 C13 Cdim

キー

C

C#(D♭) D D#(E♭)
E F F#(G♭) G
G#(A♭) A A#(B♭) B

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。