コード【C】をピアノで弾く。基本フォーム3種と用途を解説

悩んでる人
ピアノでCってどうやって弾けばいいの?
バリエーションや使い方も知りたい!
Noritoism
Cは1番基本的な形!
Cメジャーの特徴もここで理解しよう。

 

◆ コード【C】の弾き方をピアノで
◆ 代表3パターンとカデンツ

この記事を書いた人

こういった私が解説します。

コード【C】の弾き方をピアノで

CC

シンプル且つとても安定感のある響き
陽気ながら、朗らかで落ち着いた印象
何も邪魔することなく、ポジティブな雰囲気を醸し出してくれる
  • ”ド”がルート音
  • 長3度の”ミ”
  • 完全5度の”ソ”

この3つのトライアド(3和音)が、Cです。

1,3,5(右も左も同じ)の指を使って弾きます。

ルート音とは、コードのキーになる音です。ベース音ですね。
長3度とは、ルートから3度且つ、黒鍵盤含め間に3つ音を含むものをいいます。
ルートから半音で5個目(ルート含む)って覚え方がおすすめです。
短3度も存在し、間に2つ音を含むものをいいます。
ルートから半音で4個目(ルート含む)って覚え方がおすすめです。
完全5度とは、ルートから5度且つ、数え上げる際白鍵が連続した部分があることをいいます。
ルートから半音で8個目(ルート含む)って覚え方がおすすめです。

代表3パターンとカデンツ

先程のものを含め3パターンあり、ピアノは全てのコードが3パターンずつ存在します。

Cの展開

コードが変わらない限り、構成音は変化しません。

先ほどと響きが違って聞こえませんか?それは高さだけが異なるからです。

弾き方は、左手だと5,4,1。右手だと1,2,5です。

もう1つのパターンはこちらです。

Cの展開

同じ音なのに、3つとも印象が変わってきませんか?

このように、音の配列の順番だったり、オクターブ上だったり下だったりで、印象が変わってきます。

弾き方は、左手だと5,2,1。右手だと1,3,5です。

次はカデンツをご紹介します。

カデンツ

カデンツとは、コード進行のことを指します。

ハノン39番のカデンツをベースに、Cの代表的なものをご紹介します。

Cのカデンツ

左から、C, F6, ConG, G7, Cです。キーがCなので、T, SD, T, D, Tのカデンツとなっています。

T=トニック、SD=サブドミナント、D=ドミナントです。

トニック、サブドミナント、ドミナントについてはこちらの記事でご紹介しています。

関連記事

悩んでる人 ピアノのコードは覚えたんだけど、 実際にどうやって使ったらいいの? Noritoism 簡単なルールを覚えてしまえば、 あとは組み合わせだよ。   ◆ 平行調と同主調 ◆[…]

まずこのカデンツを覚えると、そこから先コード進行の理解が早いです!

まとめ

おさらいです。

◆ コード【C】の弾き方をピアノで
◆ 代表3パターンとカデンツ
  • Cは、ド、ミ、ソで構成されている。
  • 3パターンを把握し、カデンツで弾けるようになるとgood

Cのお話でした。

1番簡単かつ、基本中の基本になってきます。ここでしっかり、コードやカデンツ、T, SD, Dに慣れておきましょう!

 


C

Cm C7 CM7 C6
Csus4 Cadd9 Caug C-5
C9 Cm11 C13 Cdim

キー

C

C#(D♭) D D#(E♭)
E F F#(G♭) G
G#(A♭) A A#(B♭) B

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。