コード【-5】(フラットファイブ)ピアノでの弾き方・使い方。C-5を元に解説

悩んでる人
ピアノでC-5ってどうやって弾けばいいの?
-5(フラットーファイブ)について詳しく知りたい!
実際どうやって活用すればいいの?
Noritoism
-5(フラットファイブ)は、5度を半音下げたもの。
そのままより、7やm7に活用(7-5, m7-5として)されるよ。
augと同様特殊な響きで、不思議なニュアンスを演出するよ。

 

◆ コード【C-5】の弾き方・響き方をピアノで
◆ -5コードの解説
◆ コード【C-5】の使い方・響き方をピアノで

この記事を書いた人-5はaugとセットで覚えると覚えやすいコードです。

augが増5度(半音上がる)に対し、-5は減5度(半音下がる)と、ちょうど相反する意味を持つからです。

醸し出すニュアンスも少し似ていて、どちらも不協和音のように聴こえ、不思議さを演出してくれます。

まず、実際どんな音なのかをご紹介します。

コード【C-5】の弾き方・響き方をピアノで

C-5

C-5

右手左手共に1, 3, 5の指で弾きます。

aug同様不安定な響きですね。完全5度は増でも減でも不協和音のような響きを持たせるようです。

-5コードは7とセットで使われることが圧倒的に多く、7-5m7-5を合わせてご紹介します。

C7-5

Cm7-5

単発では中々違いを聞き分けづらいかもしれませんが、後ほど実践的な活用法をご紹介します。

ここでは7が入ることによって、-5コードがどのように変化するのかを感じていただければ大丈夫です。

それでは、-5コードについて詳しく解説していきます。

-5コードの解説

マイナス

-5(フラットファイブ)とは、5度を半音下げたものです。

構成

メジャーコード(1度、3度、5度)の5度を半音下げたもので、Cの場合、ド、ミ、ソのソがソ♭になったものです。

-5と表記されることもあります。

構成音をまとめると、

  • ルート
  • 長3度
  • 減5度

の、トライアドです。完全度のみ、長短ではなく増減で表記するため、短5度ではなく減5度となります。

ここまではaugと非常によく似ています。

関連記事

悩んでる人 ピアノでCaugってどうやって弾けばいいの? aug(オーギュメント)について詳しく知りたい! 実際どうやって活用すればいいの? Noritoism aug(オーギュメント)は、メジャーコー[…]

aug同様あまり登場機会の多くない上級者コードです。その独特な響きが曲に絶妙なニュアンスをもたらしてくれるので、aug同様使いこなせたらかなり強いです。

#11との関係

1オクターブは7度あるため、数字に対してマイナス7すると何の音か分かりやすいです。

11-7=4、#4は-5と同じ意味のため、テンションコードの#11と-5は同じ音と言えます。

augとテンションの関係は、augが3和音、テンションは4和音前提という違いがありました。

ですが-5の場合は、先ほど触れた通り7コードとセットで使われることが多いため、#11と非常に近いという認識で問題ありません。

コード【C-5】の使い方・響き方をピアノで

こちらもaug同様、次への流れを作る使い方が一般的です。

クリシェ、サブドミナントマイナー、マイナーの3パターンをご紹介します。

クリシェ

C7-5→C7→Caug→C6:【Ⅰ7-5→Ⅰ7→Ⅰaug→Ⅰ6】

7-5の活用です。

この場合-5→5→6#→6と、5度周辺が半音ずつ変化しています。ソ♭ーソーソ#ーラーです。

augのクリシェより半音低くスタートしていますので、階段を上っていく高揚感の中に僅かなニュアンスの違いがあります。

augのクリシェも置いておきます。

サブドミナントマイナー

Dm7-5→C:【Ⅱm7-5→Ⅰ】

m7-5の活用です。

ドミナントモーションの強化版で、ツーファイブワンというものがあります。

Ⅳ→Ⅴ7→ⅠよりもⅡm7→Ⅴ7→Ⅰとした方が、より強烈な完了感を演出できるというものです。

Ⅱm7Ⅱm7-5とすることで、最高音がソ#→ソと滑らかな動きになり、強烈な完了感を敢えてマイルドにし、優しい響きに変換してくれます。

また、ベースラインもレ→ドと1音しか動かないため、より優しい響きを演出しています。

マイナー

Bm7-5→E7→Am:【Ⅶ7-5→Ⅲ7→Ⅵm】
(mをキーとした場合、Ⅱm7-5→Ⅴ7→Ⅰm)

こちらもm7-5の活用です。

キーをCとした場合、平行調はこのように表記され、メジャーキー同様に活用できます。

ツーファイブワンをマイナーに活用し、ツーを-5に変換したものです。

こちらもそのままツーファイブワンとするより滑らかな響きとなるので、余韻を残したい時に活用してみましょう。

まとめ

おさらいです。

◆ コード【C-5】の弾き方・響き方をピアノで
◆ -5コードの解説
◆ コード【C-5】の使い方・響き方をピアノで
  • -5はメジャーコードの5度を半音下げたもの。augと違って、m-5も存在する
  • -5単体よりも、7-5m7-5として活用されることの方が多い
  • aug同様次への流れを作るのが得意で、クリシェやサブドミナントマイナーで柔らかいニュアンスを提供する

C-5のお話でした。

-5コードの初めの記事ということもあり、特徴を全て記載しています。

他の-5コードでもし混乱したら、是非ここに戻ってきましょう。

 


-5

C-5 C#(D♭)-5 D-5 E♭-5
E-5 F-5 F#(G♭)-5 G-5
A♭-5 A-5 B♭-5 B-5

C

Cm C7 CM7 C6
Csus4 Cadd9 Caug C-5
C9 Cm11 C13 Cdim

キー

C

C#(D♭) D D#(E♭)
E F F#(G♭) G
G#(A♭) A A#(B♭) B

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。