コード【Am】をピアノで弾く。基本フォーム3種と用途を解説

悩んでる人
ピアノでAmってどうやって弾けばいいの?
バリエーションや使い方も知りたい!
Noritoism
AmはDmとEm同様発券のみで弾きやすいよ。
マイナーでは1番最初に触れるコードだよ。

 

◆ コード【Am】の弾き方をピアノで
◆ 代表3パターンとカデンツ

この記事を書いた人

こういった私が解説します。

コード【Am】の弾き方をピアノで

Am

Am

まるでCのような明確で親しみやすさを持つ響き
Emに近いような、分かりやすく切なさを表す印象
使い勝手も良く、入門時から上級者までお世話になるコード
  • “ラ”がルート音
  • 短3度の”ド”
  • 完全5度の”ミ”

この3つで構成されるトライアド(3和音)が、Amです。

右手左手共に、1, 3, 5の指を使って弾きます。

ルート、短3度、完全5度の言葉はこちらで復習!

関連記事

悩んでる人 ピアノでCmってどうやって弾けばいいの? バリエーションや使い方も知りたい! Noritoism mがつくだけで、Cとは大きく変わってくるよ。 メジャーとマイナーは明確に分けて覚えよう! […]

代表3パターンとカデンツ

Amの展開

全て白鍵で非常に弾きやすく、右手左手共に特に注意点はありません。

右手は1, 2, 5。左手は5, 3, 1の指を使って弾きます。

もう1つのパターンはこちらです。

Amの展開

こちらも特に注意点はありません。どのバリエーションも弾きやすいというのは、強烈な魅力ですね。

右手は1, 3, 5。左手は5, 2, 1の指を使って弾きます。

次はAmのカデンツです。

カデンツ

他のキー同様、ハノンのカデンツをベースに、Amの代表的なものをご紹介します。

Amのカデンツ

左から、このようになります。Am, Dm6, AmonE, E7, Am

他のキー同様、T, SD, T, D, Tのカデンツとなっています。

トニック、サブドミナント、ドミナントの基本については、こちらの記事でご紹介しています。

関連記事

悩んでる人 ピアノのコードは覚えたんだけど、 実際にどうやって使ったらいいの? Noritoism 簡単なルールを覚えてしまえば、 あとは組み合わせだよ。 ◆ 平行調と同主調 ◆ トニック・サブ[…]

マイナーは、メジャーよりも複雑です。
スケールの種類が3種類あり、それぞれトニック、サブドミナント、ドミナントが異なります。
ただ、ハノンのカデンツだとメジャーと同じ配置なので、今ここで新しく何かを覚える必要はありません!
マイナーのみで1記事のボリュームになるので、別でご紹介します。

理屈うんぬんより、とにかくスケール弾きまくるのもおすすめです。

関連記事

悩んでる人 スケールって、そもそもどんなものなのかな。 スケールを身につけたいんだけど、何をしたらいいの? スケールができるようになると、何ができるようになるの? Noritoism スケールは音階のこ[…]

AmはキーがDm, Emの時によく登場し、平行調がCなので、Cとも相性抜群です。

まとめ

おさらいです。

◆ コード【Am】の弾き方をピアノで
◆ 代表3パターンとカデンツ
  • Amは、ラ、ド、ミで構成されている
  • まるでCのような明確で親しみやすさを持つ響き
  • Emに近いような、分かりやすく切なさを表す印象
  • 使い勝手も良く、入門時から上級者までお世話になるコード

Amのお話でした。

白鍵のみのコードですが、他のマイナーコードよりCに近い印象です。

どのコードにも言えますが、on○の部分を平行調のベースにし、下のコードを6にすると、同じコードになるのです。

例;AmonC=C6 どちらも ド, ミ, ソ, ラの構成です。

特に汎用性の高いコードだからこそ、親和性が大きいのかもしれません。

他のキーの場合、頻度的にAmとC6ほどではありませんが、もちろん同じルールが使えます。

こういう隠れた一致を探してみるのも、コードの面白さです。

 


m

Cm C#m Dm D#(E♭)m
Em Fm F#m Gm
G#m Am B♭m Bm

A

Am A7 AM7 A6
Asus4 Aadd9 Aaug A-5
A9 Am11 A13 Adim

キー

C

C#(D♭) D D#(E♭)
E F F#(G♭) G
G#(A♭) A A#(B♭) B

ピアノ

ピアノ曲を作っています。

flowkey
flowkey(フローキー)で、新しいピアノ学習を体験してみよう。