悩んでる人
練習時間って、中々思うように取れないな。。
実際1日にどれくらい練習したらいいのかも分からない。
Noritoism
練習時間の確保は、生活習慣とセットにして隙間時間を活用したり、
あらかじめスケジュールに組み込むのがいいよ。
量は多いに越したことないけど、中身(質)はもっと大切!
◆ ピアノの練習に最適な時間
◆ 練習時間を確保する方法
◆ 時間そのものを効率的に使う方法

この記事を書いた人ピアノを練習するにあたって、時間を確保する方法が分からなかったり、そもそも適正な練習時間が分からなかったりしますよね。

習っていたとしても、自分と先生は違います。適正時間や確保の方法は人それぞれ。

本記事では1日に実際どれだけ時間が必要なのか、練習時間を取る方法、練習時間をいかに効率よく進めていくかをご紹介します。

闇雲に練習するのではなく、少ない時間を最大の質で進めるために、知って欲しいことを詰め込みました。

ピアノの練習に最適な時間

時間

集中力の限界は40分です。

結論、40分で練習は終了です。

なぜなら、集中力に関与する前頭葉のガンマ波が、40分経過で急激に減少するからです。

つまり、人間の集中力の限界は40分だと脳科学的に証明されています。

ですが、世の中にはそれ以上に練習している方もたくさんいますよね。

実はそこにカラクリがあるのです。

適度な休憩

40分で集中力が限界に達するなら、40分ごとにリセットしてあげればいいのです。

リセット方法はこちらをご覧ください。

練習と休憩を繰り返すことで、トータル数時間の練習が可能となります。

関連記事

悩んでる人 ピアノの練習がどうしてもしんどい… ピアノでの人間関係がしんどい… しんどくなっちゃう自分って、 やっぱ弱いのかな。 Noritoism しんどくなっても大丈夫。 誰もが通る道だし、そん[…]

最初は少しずつ

正直40分でも大変です。初めから40分練習できる方はそうそういないはず。

まずは、5分、10分、20分。少しの時間から慣れていって、徐々に時間を大きくしていきましょう。

1番大切なのは、毎日続けること。習慣化させることです。

関連記事

悩んでる人 ピアノの練習続かないなー。 弾いているうちに疲れるし、飽きてきちゃうんだよな。。 Noritoism 何かを続けるのはコツがあるよ。 気合いや根性より、仕組みを作るのが大切! ◆ ピア[…]

偉大なピアニストはどうしてきたか

ショパンは、1日最大3時間だと言っていたそうです。

リストは、1日重たいピアノで6時間、疲れきって弾けなくなるまでと言っていたそうです。


40分で分割しても、複数ブロック練習しなければならず、中々その時間を確保するのも難しいと思います。

そんな現代社会における時間の確保術をご紹介します。

練習時間を確保する方法

時間

隙間時間を最大限活用します。

集中力が持続するのは最大40分だとお話してきました。

そして、時間は短ければ短いほど集中できます。

つまり5分の練習は40分の練習よりも濃度が高いのです。

5分の確保術

生活習慣とセットにしてしまい、さっとピアノに触れるイメージです。
  • 寝起き、お水飲んですぐ
  • 朝出発前
  • 家事一つ終えた気晴らし
  • 帰宅後
  • 夕食後
  • お風呂の前後
  • 寝る前

これらはあくまで一例です。まだまだたくさんあるはず。

全部5分ずつ取り組んだとして、35分確保できます。

1ヶ月続けば1,050分、約16時間分です。

些細な積み重ねかもしれませんが、こうしてみると決して無視できる数字ではありませんよね。

まとまった時間の確保術

アポイントのように、スケジュールへ組み込んでしまいましょう。

事前に確保してしまいましょう。

強制力が働くのと、他の予定で時間が取られてしまうのを防ぐ役割があります。

また、隙間時間に無理やり組み込んでしまうのもおすすめです。


全て合わせることによって、毎日数時間確保することも不可能ではありません。

とは言え一日のうちの貴重な時間。効率よく使うにはどうしたらいいのかご紹介していきます。

時間そのものを効率的に使う方法

効率化

15の倍数で、量も質も同時に高められます。

またまた脳科学のお話ですが、何をするにも15分1セットが1番心地いいとされています。

つまり、45分弾いて小休憩が1番効率的です。

40分しか集中力は続きませんが、あと5分頑張ることに大きな意味があるのです。

具体的な時間の使い方

レベル1:最初

生活習慣とセットで確保した5分を3回だけ使って練習する。(15分)

レベル2:慣れたら

15分まとめて練習する。それを徐々に30分、45分と伸ばしていく。

レベル3:最初のハードル

45分練習したら、15分休憩を取る。その後45分練習する。

レベル4:最終的に

45分練習したら、小休憩を取る。このセットを出来るだけ多くこなす。

レベルアップの基準は、毎日続けられるかどうかで判断しましょう。

ピアノを極める時間

物事を極めるのに必要な時間は、10,000時間と言われています。

5年で極めるためには1日5.4時間、10年で極めるためには1日2.7時間、毎日練習する必要があります。

一通りできるようになるには、その10分の1、1,000時間と言われています。

1年でできるようになるには1日2.7時間、2年で1.4時間です。

これなら、時間術を使って毎日積み重ねれば不可能ではありませんよね。

さあ、ここから行動に移すかどうかはあなた次第です。

練習時間のまとめ

おさらいです。

◆ ピアノの練習に最適な時間
◆ 練習時間を確保する方法
◆ 時間そのものを効率的に使う方法
  • 集中力は40分で限界に達する
  • 生活習慣とセットにしてわずかな時間を積み重ね、まとまった時間はあらかじめスケジューリング
  • 15×分を使い、徐々に時間を多く確保していく

練習時間のお話でした。

習慣化のマインドとセットにして、限りある時間を最大限効率的に活用しましょう。

これができるだけで、一歩抜き出た音楽家になれます。

ここまでしている方は一握り。読んで行動に移せる方はもっと一握りだからです。


第5話、その他のピアノ練習法はこちらです。

第5話

悩んでる人 ピアノって練習が欠かせないよね。 どんな練習をしたら1番効果的なのかな。 Noritoism ただ闇雲にピアノを弾き続ければいいわけじゃなくて、 正しい工夫でかなり効果的な練習が期待できるよ[…]

ピアノ

ピアノ曲を作っています。

flowkey
flowkey(フローキー)で、新しいピアノ学習を体験してみよう。