ピアノの3本ペダル、それぞれの特徴【左2本マイナーだよね】

悩んでる人
ピアノのペダル、それぞれの特徴を知りたい!
正直使う用途あるの?
ペダルを使わないとどうなるの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

◆ ピアノの3本ペダル、それぞれの特徴
◆ 左2本を使う用途
◆ ペダルがピアノ演奏に必須な理由

 

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

 

こういった私が解説します。

 

ピアノの3本ペダル、それぞれの特徴

ぜひダンパーペダル以外を覚えてあげてください。

あまりいい画像がありませんでしたごめんなさい。

 

右から(この場合奥からですね)

  • ダンパーペダル
  • ソステヌートペダル
  • ソフトペダル

です。

 

ダンパーペダル

1番使うペダルですよね。

ラウドペダルとも言われています。

ピアノにはダンパーというパーツがありまして。

これこれ。弦の上に乗ってる黒いかまぼこみたいなものがダンパーです。

 

ダンパーペダルを踏んでいる間は、このダンパーが全て上がり、弦から離れます。

 

ピアノは鍵盤を押さえている間だけ、その鍵盤に対応しているダンパーが上に上がり、

弦楽器にもかかわらず音を伸ばして弾くことができます。

それを全て上げてしまう事で、複数の音を伸ばして弾くことができるのです。

ダンパーペダルは奥が深く、こちらの記事で詳細を記載しています。

関連記事

悩んでる人 ダンパーペダルの踏み方をしっかり覚えたい! タイミングによる違いってどんなの? ダンパーが届かない小さな子はどうしたらいい?   こういった疑問にお答えします。   ◆ […]

ソステヌートペダル

使いこなせたら超上級者です。

ちょっとややこしいのですが、

  1. まず弾きます。
  2. その間、ペダルを踏みます。
  3. そして鍵盤から指が離れます。
  4. ペダルを踏んでいる間は、さっきの鍵盤の音だけ鳴りっぱなしになります。
  5. あら不思議。

 

ちなみにペダルを踏んでから鍵盤を弾いても、何も起こりません。

 

ギターやベースやる方は、ハーモニクスをイメージしてもらえると、

奏法だけなんとなく理解していただけいるような…

 

ちなみに、この機能はグランドピアノ(デジタルピアノ)です。

アップライトピアノは名前も機能も変わります。

名前は「マフラーピアノ」機能は「音が小さくなる」です。

全然違いますよね。びっくり。

 

ソフトペダル

機能も位置もダンパーとセットで覚えやすいです!

ダンパーペダルの逆です。

踏んでいる間、音の響きが弱くなります。

ハンマーの位置がずれ、響かせる源の本数を減らす(グランドピアノ)

もしくは、ハンマーと弦の距離を近づけて、弦に加わる力を小さくする(アップライト)事で、

音の響きを弱めるという原理です。

 

短く、こもったような音になります。

 

左の2本を使う用途

ダンパーペダルよりも明らかに登場回数少なめなので、

ここでしっかり陽の目を当ててあげたいと思います。

 

ソステヌートペダル

結論、あまり機会ありません。かわいそうに…

コンサートの現場でも、おそらくほとんど使われていません。

使うとしたら、ポップスかジャズかなと思っています。

 

ポップスの場合、ベース音弾く際にソステヌートペダルを使い、

ずっと響かせながらリズムよくバッキングする、なんて奏法も考えられます。

 

ジャズの場合、クラシックほどダンパーペダルを使いません。

アドリブ弾くときにソステヌートペダルを踏んで、単音だけずっと鳴らしながら…

なんてテクニック出てきちゃったら、会場どっかんどっかん盛り上がるでしょうね。

 

ソフトペダル

特徴的な音になるメリットを活かしていきたいです。

現代音楽科の方がよくやるパフォーマンスなんですが、

ピアノの弦を指で弾くという奏法があります。

若干そこに近いようなニュアンスが出ます。

 

バイオリンではピチカートといって確立された奏法なのですが、

演奏中にピチカート風の音を響かせ、聴いている方を「おっ?」って思わせるのにいいでしょう。

また、物理的に響きが小さくなるので、音量も小さくなります。

ピアニッシモを特徴的に表現したい時なんかも、効果的です。

 

ペダルがピアノ演奏に必須な理由

ピアノの音色の可能性を、ありとあらゆる方向へ広げてくれます!

特に、ダンパーペダルはピアニストにとって、なくてはならない存在でしょう。

音が伸びるだけじゃなく、奥行きの長い高級ピアノほど、共鳴と共振で音に深みがます(音色が増える)

また、ダンパーペダルの奏法があるくらいで、ただ踏むだけじゃ終わらないというのが特徴です。

とっても奥が深いペダルなのです。

 

他2本はダンパーペダルほど使用用途ないものの、存在するのとしないのとでは大きく変わってきます。

ソフトペダル、実は結構登場頻度も多いですし、ソステヌートペダルは使いこなせたら超上級者です。

可能性が広がるという意味だけでも、存在価値があります。

 

まとめ

おさらいです。

 

◆ ピアノの3本ペダル、それぞれの特徴
◆ 左2本を使う用途
◆ ペダルがピアノ演奏に必須な理由

 

  • ダンパー。音が伸びる。響く
  • ソステヌート。弾いてから踏む。弾いた音だけ伸びる
  • ソフト。音が短くなる。響きが小さくなる
  • 左2本を使う機会は少ないが、演奏の可能性を広げてくれる
  • ダンパーはペダルの主役。曲を表現するのになくてはならない存在

 

よかったらこの記事を読んだ後にソステヌートペダル踏んだり鍵盤弾いたりしながら、

遊んでみてあげてください。新しい発見があるはずです(笑)私もやろっかな。

 

おしまい。

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。