失敗しないピアノの椅子の選び方3つ

悩んでる人
ピアノの椅子ってどんなのを買えばいいの?
ピアノの椅子について役割を知りたいな。
Noritoism
ピアノの椅子はクッション性、安定性を重視して選ぼう。
高さ調整機能がついているものだと、長く使えるよ。
椅子がどれだけ大事な役割を担っているかもお話するね。
◆ 失敗しないピアノの椅子の選び方3つ
◆ こんなピアノ椅子はNG!3つ
◆ ピアノの椅子の役割

この記事を書いた人

こういった私が解説します。

失敗しないピアノの椅子の選び方3つ

結論:クッション性、安定性、高さ調整の3つ!

クッション性

長時間座っていても快適に過ごすためには、適切なクッション性が必要不可欠です。

快適な環境でピアノ練習をすることによって、より効率的に進めることができます。

大袈裟かもしれませんが、ピアノ椅子に座りたいから練習する!ってくらいの椅子なら最高ですよね。

安定性

ピアノは鍵盤が多く横幅の広い楽器なので、左右に体重移動することも頻繁にあります。

そんな中椅子がガタついてしまったら、そっちに気を取られてしまい、ピアノの演奏に集中できませんよね。

安定性優れた椅子は、そんな演奏の邪魔になるようなことはシャットアウト。

自分本来のピアノを表現するためにも、必要不可欠な要素なのです。

高さ調整

ピアノにおいて姿勢は重要な要素のひとつで、何もかも90°(垂直に座り、膝も肘も直角)というのが目安です。

ですが座高は人それぞれ。最適な高さも人それぞれです。

高さ調整できない椅子だと、万が一合わない場合待っているのは返品のみです…

高さ調整機能は、快適にピアノを演奏するためにも必須です。


全ての要素を兼ね備えているのが、ベンチタイプの椅子です。

その中でも、甲南は別格です。

(どのメーカーも素晴らしいです!あくまで個人的な見解です。)

本当に「ピアノ椅子に座りたいから練習する!」っていうレベルです。

こちらはかわいい猫脚タイプ。私も猫脚タイプを使っています。もう最高です。かわいい。

見てるのも眺めてるのも最高です。


ベンチタイプを選べば間違いありません。

次に、他のタイプのご紹介と、ベンチタイプ以外NGな理由をご紹介します。

こんなピアノ椅子はNG!3つ

3要素が1つでも欠けているもの!

なぜ3要素が欠けているとNGなのか、具体的にお話していきます。

電子ピアノ付属の椅子

正直悪くはないのですが、もっといいものがあります。

椅子だけで20,000円前後のものと比べると、どうしてもクッション性や安定性、耐久性や軋み音などで劣ってしまいます。

ですが、例外としてこちらをご紹介します。

カリモクRolandのコラボピアノです。

とにかく見た目が可愛いのですが、お伝えしたいのはハイクオリティに仕上げられた椅子です。

もともとソファに定評のある家具メーカー、カリモクが本気で作ったピアノ椅子。

一度試したことがあるのですが、正直椅子だけで売ってくれないかなというレベルでした。

ですが。残念ながら高さ調整ができません。実際に試してみて、大人の方用に検討されることをおすすめします。

お子さんは成長過程で高さが変わってしまうため、カリモクは大人になってからにしましょう。

背もたれタイプ(トムソンタイプ)

こんな見た目のザ・ピアノ椅子です。甲南製、申し分ない品質です。

ではなぜNGなのかというと、クッション性が弱いからです。

後ほど詳しく解説しますが、背もたれタイプは長時間の演奏に向いていません。自宅用の椅子としては不向きなのです。

丸椅子

丸椅子のリンクが無かったため、こちらで失礼します。

お嬢様の家にありそうな、こんなイメージの椅子です。

なぜNGかというと、丸いので安定性にやや難ありです。

突然の高音や低音に対応するのが難しいため、敢えて選ぶ理由はありません。


選ぶべき椅子はご理解いただけたのではないでしょうか。

ではなぜベンチタイプ以外も存在するのか、背もたれタイプとベンチタイプそれぞれについてお話します。

ピアノの椅子の役割

結論:背もたれタイプ=コンクール用

背もたれタイプ(トムソンタイプ)

形状のおさらいです。

ご覧の通り、大きな背もたれが特徴です。

高さ調整が即可能で、重心が大きな背もたれのおかげで後ろに行くため、椅子の前で体重をかけても安定感抜群です。

つまり、短時間の演奏には最も優れた形状なのです。

このタイプは、由緒正しきコンクール、大切なピアノ発表会などでよく使われています。

  • ひとりひとりの演奏時間が短い=短時間で最高のパフォーマンスを発揮したい
  • 何人も入れ替わり立ち替わり=高さ調整がスムーズであることが必須

このように、コンクールに最適な要素ばかりです。

ちなみにあまりにも安定性に優れているため、長時間演奏するソロコンサートでも、ピアニストによっては多くの方に採用されている様です。

背もたれは実際使いません。寄りかかっての演奏はできませんよね。あれは完全に重心用なのです。

重心用の部分をあの様な装飾に…ヨーロッパ文化の優美さを感じさせずにはいられません。

ベンチタイプ

こちらも、まず形状のおさらいから。

選ぶ際の3要素である

  • クッション性
  • 安定性
  • 高さ調整

を兼ね備えた最強タイプ。

家での使用は正直これ1択ですが、外ではソロコンサートにも向いています。

ピアノに集中するために、そのほかの余計な心配は入りませんよね。

もうひとつのメリットが「ドレスが美しく見える」

裾の広がったドレスも、ベンチの上に広げて座れば、とても美しいシルエットの完成です。

美しく魅せるために選ぶというのもひとつです。

ピアノ椅子のまとめ

おさらいです。

◆ 失敗しないピアノの椅子の選び方3つ
◆ こんなピアノ椅子はNG!3つ
◆ ピアノの椅子の役割
  • クッション性、安定性、高さ調整全て含まれるものを選ぶ
  • 自宅用は基本ベンチタイプ1択。
  • 背もたれタイプはコンクール向け。ソロコンサートに使う方も多数。

全ては素敵なピアノライフを過ごすため!という目的のために、ピアノにまつわる道具は「ケチらない」のがコツです。

記事内のご紹介も参考にしていただきつつ、自分にあった逸品で快適なピアノライフを過ごしましょう。


第2話、その他の道具はこちらです。

道具

悩んでる人 ピアノに必要な道具ってどんなものがあるの? どうやって選んだらいいのかな。 Noritoism あると便利なものはたくさんあるよ。 自分のピアノライフに合わせて揃えよう! もちろん、アイテ[…]

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。