ピアニスト直伝!音符の読み方【始めたての方へ】

悩んでる人
音符の読み方がわからない!
どんなルールがあるのかな。
Noritoism
高さと長さが分かれば、音符が読めるよ。
音符が読めれば、自分の力でピアノが弾けるようになるよ。
◆ 音符の読み方【高さ編】
◆ 音符の読み方【長さ編】
◆ 拍子について

この記事を書いた人

初めて楽譜を目にした時、「どうしよう…」ってなりませんでしたか?

ルールが分からないと、どんなことでも難しく感じてしまうものです。

本記事では、楽譜を理解するための音符の読み方をもれなくお伝えします。

音符を理解できるようになれば、実際にピアノを弾くことができます。大きな一歩です!

音符の読み方【高さ編】

高い

ドの位置と表記を覚えましょう!

ドの位置ピアノ中央のドが、ト音記号のこの位置です。

その1オクターブ下のド(上図ド3)が、ヘ音記号のこの位置です。

まずはここを基準にすることで、それぞれの表記でどの音を表しているのか知ることができます。

音の見つけ方

音は線上、空白、線上、空白…と交互に上がったり下がったりします。

例えばト音記号の場合、ド、レ、ミ、ファ、ソ → 線上、空白、線上、空白、線上です。

始めはひとつひとつ数えていくのがいいでしょう。そのうち覚えていくのでご安心を。

上にある場合はド、レ、ミ、ファ、ソ…と上がっていきましょう。
下にある場合はド、シ、ラ、ソ、ファ…と下がっていきましょう。

また、五線譜をはみ出した音を表す場合、

  • 線上は音符の中心を(ト音記号のドのように)
  • 空白は上に飛び抜ける場合線の上に
  • 下に飛び抜ける場合線の下に

このようなルールで音符を書きます。五線譜をはみ出すことはよくあります。

調の表記と半音移動

五線譜にこのような表記がされていることもあります。

これは表記されている部分必ず、#もしくは♭で弾いてくださいというものです。

左の例ならドとファが#(半音上げる)、右の例ならシとミが♭(半音下げる)です。

ちなみに書かれている部分の音だけ気をつければいいわけでなく、全てのドとファが#(右の例ならシとミが♭)となるので、お気をつけください。

音符の読み方【長さ編】

長い

付点は1.5倍!と覚えるのがコツです。

音符一覧

縦線4つで1拍です。上から、

  • 全音符(全休符)=4拍
  • 付点2分音符(付点2分休符)=3拍
  • 2分音符(2分休符)=2拍
  • 付点4分音符(付点4分休符)=1.5拍
  • 4分音符(4分休符)=1拍
  • 付点8分音符(付点8分休符)=3/4泊
  • 8分音符(8分休符)=1/2泊
  • 16分音符(16分休符)=1/4拍

実はもうひとつ、覚え方のコツがありまして。

世の中の楽曲の中で1番多いのが4/4拍子だからか、算数で計算できます。

  • 音符(全休符)は、小節全部なので4拍分
  • 2分音符(2分休符)は、小節の2分の1なので、4÷2=2拍分
  • 4分音符(4分休符)は、小節の4分の1なので、4÷4=1拍分
  • 8分音符(8分休符)は、小節の8分の1なので、4÷8=1/2拍分
  • 16分音符(16分休符)は、小節の16分の1なので、4÷16=1/4拍分

連符

音符がいくつか連なって、上に数字が書かれているものです。

連符

こちらは3連符の例でして、右に書かれた音符の長さ分、均等に分割して弾くものです。

連符は慣れるまで結構大変です。拍を刻むのとは次元の違うリズム感が必要になるからです。

その代わり、音楽的にかなり「おいしい」ものであり、弾いていても聴いていても気持ちのいいものです。

ちなみに、上の数字がいくつになろうが上の関係が成立します。

例えば16分音符の17連符があった場合、8分音符の長さで17個弾かなければなりません。超絶技巧ですね。

拍子について

拍子

分数と一緒です!

拍子

  • 分母が基準となる音符(4は4分音符、8は8分音符、16は16分音符)
  • 分子が1小説に含まれる数(4/4は、1小節に4分音符が4つという意味)

また、図のように4/4や2/4は簡略化した記号で表現されることもあります。

3/4や8/6など、分子が3の倍数の時はワルツのようなリズムを取ります。

1番右のように分子が素数の場合は、変拍子と呼ばれています。

変拍子の曲はリズムが非常に取りづらく、難しい曲が多いです。

音符の読み方まとめ

おさらいです。

◆ 音符の読み方【高さ編】
◆ 音符の読み方【長さ編】
◆ 拍子について
  • 音符は高さと長さをセットで覚える
  • 長さは音符と休符をセットで覚える
  • 拍子のルールがわかると、音符のルールが自然と入ってきやすくなる

音符の読み方のお話でした。

知識の肝であり、演奏の本当に土台となるものです。

音符と用語を把握することができれば、ピアノを弾くステップに立てたと言えます。

論理的に覚えるのもいいですが、練習しながら身につけていく方がよりスムーズです。


第3話、その他のピアノ演奏に必要な知識はこちらです。

第3話

悩んでる人 ピアノ演奏に必要な知識ってどんなものがあるの? 何から知っていけばいいのかな。 Noritoism 音符や用語の知識は必須! その他にピアノそのもののことを知っておくと、 愛着が湧いてもっ[…]

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。