ブログでずっと集客する【長期戦です】

悩んでる人
ブログで集客したい!具体的にどうしたらいい?
ブログ集客のメリットは?
どうしたら効果を実感できるかな…

 

こういった疑問にお答えします。

 

◆ ブログでずっと集客する方法
◆ 時を越えるメディア
◆ 1年くらいみた方がいい

 

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

 

こういった私が解説します。

 

ビジネスの例に漏れず、音楽活動においても集客はマストです。

効果的な方法の一つとして、ブログ集客をご紹介していきます。

 

物書きの素人だった私が現在の生活の基盤になっているのも、

ブログについて勉強したというのが大きいです。

是非マスターし、ビジネスの柱に育てていただけたら嬉しいです。

 

ブログでずっと集客する方法

結論:世の中に必要とされる記事で溢れること!

当たり前のようですが、これが唯一のゴールです。

具体的には、こちらです。

検索されるサイトを作る

 

そのためのキーワードが

  • SEO対策
  • PREP(AREA)法
  • 雛形

の、3点です。ぶっちゃけSEOが全てです。

SEO対策として、その下の2つもやっていく、というイメージです。

そして、絶対やってはいけないことも合わせてご紹介します。

 

SEO対策

集客はSEOが全てです!

しつこいかもしれませんが、大事なことなので何度も言います。

検索上位に表示されて初めて、自分のサイトに訪問してもらえるようになります。

そのために、問題を解決する記事を投稿し続けることが必要です。

 

自分がググる時を思い返してみてください。

何か調べ物をしたい時ですよね。

例えば、「音楽活動 集客 ブログ」で検索するとか。

大体上から順番に見ていって、次のページに進むことは稀ですよね。

あなただけではありません。みんなそうです。

 

だからここ頑張らないと、いつまでも集客するサイトになりません。

一生、文章をただつらつらと綴っておしまいです。

そして、オリジナリティが必要になってきます。

検索結果が似たようなものばかりだとGoogleの信用度が落ちて、誰も検索してくれなくなります。

Google側も、そういった状況は避けたいのです。

 

オリジナリティを出すためには、自分の体験談を交えて記事にするといいでしょう。

この情報化社会、0から1にする情報はトレンドのあるもの以外まず不可能です。必ず何かしら情報がかぶっています。

そこにオリジナリティを持たせるのが、あなたしか体験していない、あなた目線で語られた本心の文章なのです。

 

SEO対策は、こちらの記事にまとめてご紹介しております。

関連記事

悩んでる人 ブログからファンを作るために、SEO対策って何をしたらいいの? そもそも、音楽家なのにSEO対策ってなぜするの?   こういった疑問にお答えします。   ◆ やることは問題[…]

 

PREP(AREA)法

主張、理由、具体例、主張という文章構成のことです。

PREPはPoint Reason Example Pointの略です。

AREAはAssertion Reasoning Evidence Assertionの略です。

英語は覚えなくていいです。意味は大体一緒です。

大学で卒論を書いた方、スピーチ大会に出場経験のある方は、馴染みある言葉かもしれません。

 

大事なことなのでもう一度。

主張、理由、具体例、主張です。

 

ライティング方法については、こちらの記事で詳細をご紹介しています。

関連記事

悩んでる人 文章を上手に書くにはどうしたらいいの? 何か法則とかあるの? やったらいけないことってどんなこと?   こういった疑問にお答えします。   ◆ ライティングは感情とスキル[…]

 

雛形

ブログ作成時、大幅な時短になります!

普段練習や作曲をしたり、お仕事をしたり、ブログに1日中使えるわけではありませんよね。

効率化できるに越したことありませんよね。

ブログ集客をしている諸先輩がたとか、プロのブロガーさんなんかも、記事を書く時は雛形を使われることが多いそうです。

私も雛形を使って記事を作成しています。

 

大体どの記事もこういう構成になっているはずです。

  1. 導入文
  2. 問題提起
  3. 問題解決
  4. 読むべき根拠(権威性)
  5. PREP
  6. まとめ

 

5が1番ボリューミーです。2〜4は導入文に含まれているのですが、

要素としては非常に大事なので、このように記載しました。

 

導入文が1番大事と言っても過言ではありません!

 

雛形の詳細は、こちらでご紹介しております。

関連記事

悩んでる人 ブログをもっと効率的に書く方法ないかな? ブログの品質を安定させるにはどうしたらいいかな…   こういった疑問にお答えします。   ◆ ブログの効率化は雛形を使う ◆ 雛[…]

 

やってはいけないこと

日記を書く場所にしてはいけません!

SEOの箇所で触れたように、ひとは問題解決のためにググります。

その結果読んだ記事が、どこぞの誰とも分からない人の日記だった場合、いかがですか?

どうでもいいですよね。

そのかたはおそらく2度と、あなたのサイトに訪れてくれることはないでしょう。

誰もネットやメディアで知名度のあるわけではない今のあなたに対して、興味ありません。やめましょう。

 

PREPを完全に無視した文章構成はやめましょう!

よっぽどのライティング玄人じゃない限り、型を外れるのはやめておきましょう。

書いた記事を1番読んでいるのは誰だと思いますか?正解は書いた本人です。

そして読者の方は思っている以上に詳細を読んでくれていないと思ってください。

つまり、最初に結論もなく、言いたいことがいつまで経ってもぼやけていて、

文章構成無視のダラダラした文章は、読んでいて疲れるだけなんです。

いつでも読者目線でいることが大切です。

 

時を越えるメディア

SNS全盛の時代だからこそ、ブログの価値があります。

ブログは長期的に見て、あなたの資産になります。

仮に後から似たような記事が出てきた場合でも、先行性の法則で古い記事が有利になるよう設定されています。

また、SNSはタイムライン=リアルタイムな新鮮情報が求められます。

なので、リアルタイム&短期戦略のSNSと、長期戦略のブログの両軸で進めていくのが、

ネット集客をする上で非常に効果的です。

 

また、ブログは自分のサイトであるようなものです。

自分の作品を紹介できるショウルームにもできますので、

ただのブログという枠に囚われず、ネットという大海原に浮かぶ、自分の人生の母艦というつもりで、

ガンガン使い倒しちゃってください。

 

1年くらいみた方がいい

大体心折れます。なのでしばらくは「続けること」のみに集中するのもありです。

長期戦略が得意なブログですが、反面、即効性に乏しいというデメリットがあります。

Googleの検索ロボットに認知されるのに、大体3ヶ月くらいかかります。

(プラグインで早めることも可能だが、1日2日で反映されるといった話じゃない)

ブログは一喜一憂せず、長い目で継続し続けることがポイントです。

そうしたら勝手にライバル減っていきますから。続けられるだけで才能です。

もちろん慣れてきたら何も考えずに記事を書き続けるのではなく、しっかり分析と改善を繰り返しましょう。

そのためのツールとして、Rank Trackerをおすすめします。

 

自分が設定したキーワードに沿って書かれた記事が、今検索何位なのかを一瞬で把握できます。

順位に応じて、対策を打つことができます。これは中級者以上の戦略です。

ある程度記事が溜まってきたら、導入も検討してみてください。

 

まとめ

おさらいです。

 

◆ ブログでずっと集客する方法
◆ 時を越えるメディア
◆ 1年くらいみた方がいい

 

  • ブログでずっと集客する方法は、SEO対策を取り、PREP法に則った文章構成を、雛形使って作成し続けること
  • ブログは長期的に見て資産になる。更新頻度が落ちても集客し続けてくれる最強のツールになり得る
  • 反面、すぐに効果が期待できるものではない。SNSとセットで集客し続けることが大事
  • 慣れてきて記事数溜まってきたら、Rank Trackerなどの順位確認ツールを導入するのも検討

 

正しい手順を踏み、改善を繰り返していれば、

必ず効果が現れます。ブログ。

「表現する」という意味で、音楽に通じるところもあります。

活動をブーストするためにも、ぜひおすすめします!

 

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。