雛形を使って、ブログを効率化しよう

悩んでる人
ブログをもっと効率的に書く方法ないかな?
ブログの品質を安定させるにはどうしたらいいかな…

 

こういった疑問にお答えします。

 

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

 

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

 

こういった私が解説します。

 

ブログの効率化は雛形を使う

読者のため、自分のため、両方のためになりますよ。

ライティングの方法について、こちらでご紹介しています。

関連記事

悩んでる人 文章を上手に書くにはどうしたらいいの? 何か法則とかあるの? やったらいけないことってどんなこと?   こういった疑問にお答えします。   ◆ ライティングは感情とスキル[…]

どこに何を書くか、どの順番で書くかを定型化することで、効率をアップすることができます。

 

読者にとって、情報がすぐ手に入る上、根拠も方法論もわかりやすくなります。

自分にとって、論理的に文章を組み立てることができるので、考えをまとめやすくなります。

 

雛形を作り込む

一生使えます。

この3層構造が基本になり、ずっと使えちゃいます。

このまま是非パクっていただいて、あとはやりやすいように作り替えてください。

  1. 導入文
  2. 本文(PREP法)
  3. まとめ部分

それでは1つずつ解説していきます。

 

導入文

読んでもらえるかどうかは、ここで9割決まります!

導入文に組み込むのは

  • 問題提起
  • 問題解決
  • 読むべき根拠(権威性)

の、3つです。

 

問題提起

検索した理由を先回りして、文章化してあげます。この記事を例にして進めますね。

 

検索キーワード 「ブログ 雛形」

ブログをもっと効率的に書く方法は?ブログの品質を安定させるには?

 

問題解決

問題提起されたものを、解決に導いてあげます。

 

問題解決の内容を概要で紹介

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

 

読むべき根拠(権威性)

記事に説得力を持たせます。

 

この部分です。

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

 

権威性を持たせるにはこちらを使いましょう。

出来るだけ数字を使ってあげると、わかりやすいですよ。

 

  1. 誰かの権威を借りる 専門家の○○さんにお話をうかがいました!など
  2. 自分の体験を書く 行列のできるラーメン屋、1時間並んで食べてきました!など
  3. 年数を提示する ◯◯歴◆年です!など
  4. 実績を提示する Spotifyの再生回数◯万回です!など

 

これを踏まえて、この記事の冒頭部分(導入文)をもう一度書きますね。


悩んでる人
ブログをもっと効率的に書く方法ないかな?
ブログの品質を安定させるにはどうしたらいいかな…

 

こういった疑問にお答えします。

 

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

 

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

 

こういった私が解説します。


こんな感じで、

  • 問題提起
  • 問題解決
  • 読むべき根拠(権威性)

を必ず入れています。全てはSEO対策のためです。

Google検索で集客したいほぼ全部の記事がこうなっています。

 

本文

PREP法で本文を作ります。

記事全体、もしくは見出しそれぞれについて、PREP法で書いていきます。

 

この記事を例として、

  • 主張 導入文
  • 理由 ブログの効率化は雛形を使う
  • 具体例 雛形を作り込む、準備が9割
  • 主張 まとめ(主張内容は同じ!)

こんな感じになっています。

 

記事全体がPREPでもいいですし、概要1つずつをPREPにしても、

どちらでもいいです。読者がわかりやすいかどうか、が、1番大切ですよ。

 

まとめ部分

もう一回主張しましょう。

1番伝えたい主張をもう一度書いて、記事の要約をし、

読者の頭をまとめてあげるお手伝いをしましょう。

私は概要をもう一度書き、記事の要約を箇条書きにしています。

最後に総括の文章をちょろっと書いておしまいです。

この記事の最後「まとめ」を読む時に、ちょっと気にしてみてください。

 

おさらいすると、

雛形は

  1. 導入文
  2. 本文
  3. まとめ部分

の3層構造で作ります。

では、どう作るのかをご紹介しますね。

 

準備が9割

こちらも最初は丸パクリ推奨です。

本文を書く前に、雛形へどこに何を書くか作り込みます。

雛形を使いこなすことで、行き当たりばったりにならずに、

毎回のブログ品質を安定させることができます。

 

メモ帳、ワード、書きやすいものであれば何でも構いません。

 

私の雛形です。

タイトル

◇キーワード

導入文:

◇問題提起

◇問題解決

◇権威性

本文:

◇見出し

◇見出し

◇見出し

まとめ:

 

まとめ系は箇条書きで列挙 h3見出し
その後それぞれで

どういった方法?
どれくらい結果出る?
メリットとデメリット?

主張系は
・主張する
・理由を述べる
・具体例を述べる
・反論への理解を示す
・もう一度、主張する

 

この雛形に、概要を書いていきます。

タイトル:雛形を使って、ブログを効率化しよう

◇キーワード 音楽活動 集客 ブログ 雛形

導入文:

◇問題提起

ブログをもっと効率的に書く方法ないかな?
ブログの品質を安定させるにはどうしたらいいかな…

◇問題解決

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

◇権威性

Noritoismの伊藤といいます!
鍵盤歴30年以上です。人生の9割以上、
鍵盤と一緒に過ごしてきました。
サラリーマンから独立し、現在はピアニスト・作曲家、ブロガーとして生活しています。

こういった私が解説します。

本文:

◇見出し ブログの効率化は雛形を使う

ライティングのこつとして、PERP法を紹介
どこに何を書くか、どの順番で書くかを定型化することで、効率アップ

読者のためになる
自分の考えがまとまる

◇見出し 雛形を作り込む

雛形導入
導入文作る

問題提起
問題解決
読むべき根拠(権威性)

PREPで本文作る

◇見出し 準備が9割

雛形段階で、どこに何を書くか作り込む
雛形を使いこなすことで、行き当たりばったりにならず、毎回のブログ品質を安定させることが出来るから
自分の例を出す

まとめ:

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

・雛形を使うメリット:読者は分かりやすい。筆者は文章が散らからない
・雛形は導入文、本文、まとめの3層で作り込む
・いきなり執筆せず、雛形にしっかり書き込むのが品質維持向上には不可欠

 

ここまでに、少なくても40分以上、多い時は1時間くらい費やします。

その時間の半分以上は導入文です。

ここが決まれば、後は何書くか決まってくるので早いです。

実際の執筆は、準備の質がよければ1時間程度で終わります。

準備がしっかりしていないと、かえって時間がかかってしまいますね…

 

ほんと、雛形にしっかり書き込むことが作成の9割を占めます。

大袈裟ではなく、本当にここで決まります。妥協せずに作り込みましょう。

 

まとめ

おさらいです。

 

◆ ブログの効率化は雛形を使う
◆ 雛形を作り込む
◆ 準備が9割

 

  • 雛形を使うメリット:読者は分かりやすい。筆者は文章が散らからない
  • 雛形は導入文、本文、まとめの3層で作り込む
  • いきなり執筆せず、雛形にしっかり書き込むのが品質維持向上には不可欠

 

正直、雛形を作っておかないとめちゃくちゃ大変だと思います。

毎回大変な思いをしていると、きっとそのうちブログ書くの嫌になって、やめちゃうでしょう。

まずは「継続」。そして「継続しながらスキルアップ・改善」です。

そのための雛形です。

 

何度か色々な記事で書いていますが、結局行動し、続けられる人ってほとんどいないんです。

なのでこの記事を読んで動けるあなたは、それだけですごいんですよ。

読者はいつかファンへ、そしてあなたを支える大切な存在になります。

その方たちへたくさんGiveできるよう、私たちは日々成長していきましょう!

ピアノ

お気に入りのルームフレグランス。
癒しの観葉植物。
音楽のインテリアに、Noritoism。

シアーミュージックは、全国に拠点があるマンツーマンレッスンの人気音楽教室です。グループレッスンにはできない、本当になりたい自分を叶えるためのカリキュラムが大きな魅力です。

タクプラは入会金・月謝なく、単発レッスン料金でお気軽にプロからのレッスンが受講可能。
音楽教室の敷居を下げ、より気軽にお使いいただけるサービスです。

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に埼玉、神奈川、千葉でピアノなど11種類の音楽教室を開講しています。ご紹介した中で1番クラシックに特化した教室のため、関東圏の方は特におすすめです。